« AlexaのカスタムスキルをTypeScriptで書く | トップページ

2018年12月 4日 (火)

それさえもおそらくは平穏なWindows 10 Mobile

Fujitsu Advent Calendar 2018の4日目です。 このエントリは個人の立場で書いております。

この期におよんで、Windows 10 Mobileについて書こうと思います。 今年はWindows 10 Mobile Advent Calendarが立たなかったので、ここに書く(自力で立てるような気概はない)。 富士通も昔TOSHIBAロゴの入ったWindows Phone出してたし、まったく縁がないわけでもないやろ(このエントリは個人の見解です)。

さて、Windows 10 Mobile。 Windowsベースのスマホです。 呼び名はちょこちょこ変わってまして、現在の名称は"Windows 10 Mobile"ですが、 昔は"Windows Phone"とか"Windows Mobile"とか呼ばれてました。 今でもざっくり"Windows Phone"でくくられることも多いです。 残念ながら、去年の秋に事実上のギブアップ宣言がありまして、先が無くなった状態なのですが、 我が家(家族5人)の家庭内シェアではいまだに過半数を占めております。

家庭内のスマホシェア

先が無くなったと言っても、 OSのサポート期限ははっきりしているし、 サポート中はどの端末にも定期的にWindows Updateがちゃんと降ってきて(偉い!)歯車ぐるぐるアップデート画面になっているし、 まだまだ運用はいけます。 とはいえ、 我が家においてもWindows 10 Mobile時代の終焉みたいなものがそろそろと見えてきてる感もあり、 そのあたりの近況など書いてみたいと思います。

これまでのあらすじ

うちは子供が三人おりまして、 妻と上の子はiPhoneを使っていますが、 下の子たち(現在中学生)には二年前からWindows 10 Mobile端末にLINEモバイルのSIMを入れて持たせています。 当初の目的はおでかけ時の連絡用。 二人分あわせて初期投資2万円、運用費月々1000円くらいでわりと安全安心な運用を行っております。 Windows 10 Mobile選択のポイントはペアレンタルコントロールがしっかりしていることと、 端末にきちんとOSの修正が降ってくる等の信頼性ですかねえ。 このあたりの経緯は過去に書いているので、ご興味のある方はご覧くださいまし。

当然ながら私もWindows 10 Mobile(MADOSMA Q601)を使っています。 普段使いには十分です。 でもまあ、アプリの品揃えはさすがに今ひとつ。 Windows 10 Mobile向けにはアプリを用意してくれないサービスもあったりしますが、 そういう場合は頑張ってWebから利用します。 逆に、店頭で店のアプリ入れろとかうるさく言われる時は、 「iOSでもAndroidでも大丈夫ですので…」「Windows Phoneです」「アッハイ」 みたいになって便利。

で、このWindows 10 Mobile家庭が今年をどのように過ごしてきたか。

マップがスカスカになる

まず、3月下旬から一か月くらい標準のマップがスカスカになるという事件が起きました。 陸地の形は出るんだけど、道路とか地名とかが入ってなくてスカスカ。

このスカスカ地図が出た時の衝撃。 何というか、「世界が終わった」感というか、 知らないうちに文明が消えて自分だけ取り残されてしまった感というか、 まあ、なすすべもなく脱力します。 落ち着いて考えれば代替サービスもあるので、 何とかなるんですけど。

2012-2014年頃、 「Windows Phoneの日本展開を見合わせる」とアナウンスされてたWindows Phone好きにはつらい時期、 同様に標準マップの日本の部分がスカスカでした。 あの頃のつらみがフラッシュバックしそうになるじゃないか。

二三日様子を見てても直らないし、 もうこれは終わってしまったのか、と覚悟しました。 が、一カ月ほどしたら突然元通りに直りました。 何のアナウンスもなし。 何だったんですかね。

twitterアプリが立ち上がらなくなる

6月初旬の日曜日の朝に娘に叩き起こされました。 「twitterアプリが起動しない」と言います。 娘は日曜日朝にtwitterの実況を見ながら鬼太郎をリアルタイムで見て悶絶するのを生きがいにしているので、 これは重大インシデントです。

確かにtwitterアプリを起動しても、 途中で何かエラーになっているらしく、 立ち上がってこない。 端末を再起動してもだめ。

アプリがアップデート履歴を見ると、案の定、夜のうちにアップデートされており、 システム必要条件がWindows 10 15063(version 1703)以降になっていました。 一方、子供らの端末はversion 1609までしかアップデートできない。

仕方ないので、ブラウザからtwitterを見る運用にしました。 アプリの代わりにtwitterのURLへのショートカットタイルをスタート画面に貼ります。 タイムライン見る上では操作性はあまり変わりません。 プロフィールへ飛ぶリンクが反応悪いのと、油断するとEdgeで画面が何枚も開いてしまうのがちと難点。

まあ、鬼太郎の放送に間に合ってよかった。

今、手元のtwitterアプリを確認したら、システム必要条件はversion 1609以降になってる。 戻したのかな。

Slackアプリの更新が終わる

6月中旬にはSlackアプリの更新が終わりました。 Slackを立ち上げると「最後のごあいさつ」が出てびびりました。 「今回のリリースがWindows Phone版Slackの最後のアップデートとなります」とのことです。

うちでは家庭内連絡にSlackも使っています。 アプリが動かなくなるわけではありませんが、 この先セキュリティホールとか見つかっても修正されないことになります。 OSがまだちゃんとメンテナンスされていると言っても、 アプリの修正が終わっていくとなると、 そろそろ移行しないとなー、という機運がもう一段高まるわけです。

まったくもってその通りでございます。 ありがとうございました。

息子の端末の調子が悪くなる

秋に入って、 息子の端末の調子が悪くなってきました。 まあ、息子のモノの扱いが荒いのもあるんだろうけど。 特にバッテリーが目立ってへたっている。

同時に、LINEアプリがなかなか立ち上がらないとのクレーム。 他のアプリを終わらせてる状態でも、3,4回に1回ぐらいでしか起動に成功しない。 廉価機でメモリ少ないから、アプリがアップデートで大きくなってくるとねえ。 今や中学校のクラスや部活の連絡はLINEがメインだそうで、 LINEが使いにくいのは致命的だそうです。 こいつ意外とリア充。 娘の方はLINEめんどくさそうで、どうでもよさげなのに。

そこで、私が予備機にしているMADOSMA Q501を設定しなおして 息子用にしました。 LINEも百発百中で起動するし、画面が綺麗になったと喜んでおります。 よかろうが。 お父さんはちょっとのことでもゆーざーえくすぺりえんす?改善を体感できるように最初はあえて廉価機にしとったんや(嘘)。

メイン機のバッテリーが膨張する

10月に入って、自分がメインで使っているMADOSMA Q601の裏蓋に隙間ができていることに気づきました。 「おや?」と思っているうちにどんどん隙間が大きくなっていきます。 バッテリーが膨らんでいるようです。 いわゆる「妊娠」と呼ばれる状態です。

バッテリーが膨張したQ601

最初はテープでも貼っといて使い続けたろとか思っていましたが、 日に日に煮られた貝のように裏蓋がじわじわ開いていくのに心が耐えられなくなって、 メーカー(マウスコンピューター)に見てもらうことにしました。

困ったのは代機。 予備機はちょっと前に息子用にしてしまった。 しばらく迷って、結局Q501をもう一台買いました。 今安く手に入るW10M機の中で一番信頼できる奴だし。 しかし、若干の「何しているんだ俺様」感。

で、マウスコンピューターからの回答。

バッテリー膨張により背面カバーが浮き上がってしまっている症状を 確認いたしました。 パーツ単体での交換が行えないため、本体交換にて対応させていただきます。

...

本体 MADOSMA Q601 … 42,800円

それ、新品買うのとほとんど変わらんやないですかー。 だからバッテリーは交換可能にしてくれよう。 修理断念。 代機のQ501が主力機に昇格。

これにより、 我が家のWindows 10 Mobile時代の終焉が前倒しされました。 旧主力機(Q601)はversion 1709が載るので2019年12月10日がOSのサポート終了日でしたが、 新主力機(Q501)はversion 1703までなので2019年6月11日で終わり。

娘の端末のOSのサポートが切れる

10月9日でversion 1607のサポートが終了しました。 サポート期間が1年延長されたと色めき立つも、単なる記載ミスだと判明し、 結局終わってた。 しょぼーん。

これは要するに娘の端末のOSサポートが終了したことを意味します。 近々なんとかせなならん。

息子が「ポケGoしたい」と言い出す

「このスマホにはポケGo入らないの?」と聞かれました。 ついに来た。 友達がポケGoやり始めたらしく、 みんなの見ているだけじゃつまらんと言います。

幸い、 こいつは音楽とゲーム実況見る用にお年玉でiPod Touchを買っていたので、 そちらにポケGoを入れて、 Windows 10 Mobileからテザリングで繋ぐようにしました。 あと、モバイル回線ではあまり動画を見ないように注意。

テザリングにひと手間かかりますが、特に気にせずやっているようです。

メールとカレンダーが起動しなくなる

つい先日は、 標準アプリのOutlookメールとOutlookカレンダーが起動しなくなりました。 どうやらこの問題らしい。

マップがスカスカになったときと異なり、 世界的に問題になったせいか、 すぐに修正されましたけど。

今後にむけて

今後ねえ…

さしあたって、 OSのサポートが終わった娘の端末を更新しなければならない。 元々、来年の高校進学前に買い替える予定だったので、 少し前倒しして年明けにでも新調することでしょう。 妻はiPhoneを推すのですが(本人は何でもいいらしい)、 iPhoneは高いモデルばっかりになっちゃったなあ。

一方、私と息子の端末もサポート終了が来年6月までなので、 次の春には移行を考えるかなあ。

といったことを思いつつ、 家庭内絶対多数派でありながらすぐ近くに終わりが見えているこの世界で、 Windows 10 Mobileと毎日ささやかに暮らしております。 時々問題が起こったりもしていますが、 それさえもおそらくは平穏な日々。

タイルUI、スマホでは使いやすくて好きだったんだけどなあ。 デスクトップや大きなタブレットだと微妙だけど。

来年機会があれば「Windows 10 Mobileは衰退しました」とか書くだろうかと考えてみたけど、 まあ、もう書くことは無いかな。

終わりに

特にオチはありません。 なんでしたら、うちの猫見ていってください。

うちの猫 その1

うちの猫 その2

うちの猫 その3

« AlexaのカスタムスキルをTypeScriptで書く | トップページ

雑談」カテゴリの記事

Windows Mobile」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それさえもおそらくは平穏なWindows 10 Mobile:

« AlexaのカスタムスキルをTypeScriptで書く | トップページ