« PCの時計が1時間進む問題が完全に解決した | トップページ

2017年5月14日 (日)

Windows 10 Mobileユーザーを一時的に増やした話

上の娘の機種変更時のつなぎにWindows 10 Mobileを使った話。 と、おまけで、Windows 10 Mobileをめぐる最近の状況についてちょっと思うところなど。

経緯など

うちには子供が三人います。 下の二人にはエントリーモデルのWindows 10 Mobileを持たせています。 このあたりの経緯は過去に書きました。

子供らの「つなぎ携帯」をWindows 10 Mobileにしてみた話

一方、 上の娘はiPhoneを使っています。 このiPhoneの契約が二年縛りの更新月を迎えました。 で、今になってみると、 うちの他の回線はすべてMVNOにしてしまったし、 こいつもMVNOにして通信料を節約したい。 ところが、都合の悪いことに、このiPhoneはSIMロック解除対応前のものです。

どうしたもんかと、色々費用をシミュレーションしたり娘と話し合ったりして、 「SIMフリーのiPhone SEに乗り換えよう」という結論に達しました。

AppleのiPhone下取りキャンペーン使って乗り換えるぞー。 なに?Apple Storeだとその場で下取分を割引するけど、 オンラインだとApple Storeギフトカードになる? ギフトカードなぞいらん、キャッシュよこせー。 よーし、ゴールデンウィーク中に一家で東京に行く機会があるから、 その時Apple Storeに押し掛けるぞー。 ということで、機種切り替えがゴールデンウィーク中にスケジュールされたのでした。

で、四月の終わり近くにキャリアにMNPの申し込み電話をしました。 例によって転出を思いとどまらせようとするような会話にテキトーに対応していたのですが、 一つ気になる指摘がありました。 予定では切り替えは5月上旬になるのですが、 となると、数日の利用のために5月分の基本料が丸ごと取られてしまうらしい。 「なので、切替えは月のなるべく遅くにした方が...」などとお勧めしてくれるのですが、 こちらは別のことを思いつくわけです。

ピコーン

回線は4月中に切り替え、 iPhone SEを入手するまではWindows 10 Mobileでつなごう。

娘に打診したところ、「一週間ぐらいなら」とOKが出ました。 妹と弟が使っていることもあり、多少の興味はあるようで、まんざらでもなさげ。

機種

機種はMADOSMA Q501を使います。 私がInsider Program入れて遊んでいるやつです。 ちょうど、Creators Updateに相当する10.0.15063.251が降ってきたところでした。 これに対して「電話のリセット」したところ、 都合よいことにOSバージョンは巻き戻らず、 ProductionなCreators Update機ができあがりました。 当時まだ国内のほとんどのProductionな電話にCreators Update降ってきてなかったのに。

MNPしたMVNOのnano SIMをmicro SIMアダプタかませてMADOSMA Q501に載せ、 娘のMicrosoftアカウントを指定し、 OutlookをiCloudのメールアカウントと接続。 あとは好きに設定せいや、 と渡したら、 次の朝にはあっさり実運用しとりました。 この時点でCreators UpdateのWindows 10 Mobile機使っている女子高生って、 日本に数人いるかどうかじゃないか?

というわけで、 わが家におけるWindows 10 Mobileシェアは80%に達しました。

我が家のスマホシェア

圧倒的ではないか、Windows 10 Mobileは。 こまるわー、寡占が進んでこまるわー。

あとは妻だけだけど、 妻は私がX01T時代にメール一本打つのに苦労してたの見てあきれてたからなあ。 今回も上の娘に「Windows Phoneにしたらメール打つのも苦労するで」とか言ってたし(もう今はあまりメール使っていないくせに)、 なかなか手ごわそう。

感想など

娘に一週間ほど使ってみた感想を聞きました。 良い点。

  • タイルのGUIはわかりやすい。
  • 一通りのことは問題なくできる。

悪い点。

  • アプリが少ない。今ゲームとかしてないからいいけど、ゲーム好きな人は困るんじゃないか?(まあねえ)
  • 一部アプリの動きがもっさりしている(まあ、元々そんなに高スペックでもないし)
  • カメラがあんまりきれいじゃない(これはW10Mというよりこの機種の弱い点だな)

その後

予定通り、一週間ぐらいでiPhone SEに移行しました。 家庭内シェアも元に戻ってしまった。

まあ、上の娘もWindows 10 Mobile使ってみてくれたから、よしとするのです。

ちなみに、四月中のMNP切り替えは失敗しました。 元iPhoneのバックアップ等に手間取って、 「当日中の切り替え締め切り」刻限に間に合わず、 5月1日切り替えになってしまった。 あかんやん。

(おまけ)最近のWindows 10 Mobileの話題について

Microsoftの最近の四半期決算にからんで、 「MicrosoftがPhoneビジネスを6月までに終わらせると言った」とか「証券取引委員会に提出した書類で投資項目からWindows Phoneが消えている」といった話が出ており、 またぞろ「Windows Phoneは終わった」みたいに言われています。

Microsoft’s 10Q SEC filing confirms investment in Windows Phone has ended (MSPoweruser)

ざっと見てみたけど、 記述対象となる期間からして、これらは多分Lumiaビジネスを畳んだことを指しているんじゃないかな。 実際、Microsoftの2017会計年度(2017年6月迄)を越えて作業予定があるように見える。 現状、秋のFall Creators Updateに向けてWindows 10 MobileのInsider Preview配信も進んでいるし、 つい最近もSurface Phoneの生存も確認されたし。

Nadella: “We’ll make more phones, but they will not look like phones that are there today.” (MSPoweruser)

今後、Mobileは"Windows 10"の一部分(おそらくはARM版の一部)として活動するんじゃないかな。 Intelがモバイル向けSoCやめちゃったから、 ARM版Windowsを是が非でも何とかしなければならなくなっているしねえ。

で、まあ、Surface Phoneは2017年中に出るのか、2018年になるのか分からないけど、 ハイエンドになるんだろうなあ、と思っています。 一方、あまり具体的な根拠はないんだけど、 Fall Creators Update世代では久々にサードベンダーからハードが出るんじゃないかという気がしています。 関係者のタイムラインとか眺めていると、 なにか動いているんじゃないかなあ、という気がしている。 もちろん、はっきり書いたりしていないんだけど。

なんにせよ、Windows 10ベースのスマホが存続してくれることを切に祈念いたしております。

« PCの時計が1時間進む問題が完全に解決した | トップページ

Microsoft」カテゴリの記事

Windows Mobile」カテゴリの記事

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595179/65280100

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 Mobileユーザーを一時的に増やした話:

« PCの時計が1時間進む問題が完全に解決した | トップページ