« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月 6日 (木)

PCの時計が1時間進む問題が完全に解決した

前回の続き。 PCの時計が1時間進んでいる問題ですが、 私のPCに関しては問題は完全に解決しました。 わーい。

  • 前回のあらすじ
  • 現状の確認
  • PCメーカーのサポートに問い合わせた→解決
  • 考察など
  • まとめ

前回のあらすじ

  • 自分のPCの時計が1時間進んでいた
  • 原因はPCのファームウェアの設定のせいと確信(thanks to 「「PCの時計が1時間ずれている」の原因 」)。 要するに、四半世紀前ならともかく、現在においてはまったく意味のない"Daylight Savings Enable"がなぜか有効になっているPCがあるということですね。
  • 突如、Microsoftが「修正した」とのニュースが→「えっ?」

現状の確認

Microsoftが修正したとのニュースに「ほんまかいな」と思いつつ、 1日ほど様子を見てました。 しかし、修正は落ちてきませんし、 ツールで覗くとReal-Time Clockの"Daylight Savings Enable"のビットは立ったままです。

念のため、以下の手順で実験をしてみました。

  1. PCのLANから切り離す。WiFiも無効にする(タイムサーバーとの同期を防ぐため)。
  2. Windows上で現在時刻を2017年4月3日午前1:55にセットする。
  3. PC電源を電源を切り、10分放置する。
  4. (10分後に)電源を入れる。
  5. Windows上で時刻を見る。

この結果、時刻は午前2:05頃になっているはずですが、実際には午前3:05頃になっていました。 "Daylight Savings Enable"の仕様通り、午前2時がスキップされています。

(あれ、4月2日だったっけな。 手元に残したメモには4月3日ってあるけど、 "Daylight Savings Enable"の仕様を厳密に解釈すると4月2日が正しいような気がする。 でも、もう直ってしまったので再現させて検証できない… まあ、午前2時がすっ飛ぶ現象が起きたのは確か。)

つまり、時計がずれる問題は直っていない。

PCメーカーのサポートに問い合わせた→解決

ここで意を決して、 PCメーカー(富士通)のサポートに問い合わせを投げました。 問題のPCは富士通 LIFEBOOK WA3/Wです。 これが昨日の夜。

で、今日返事がきました。

(意訳)BIOSアップデートしなはれ。

あー、確かに。 サポートに問い合わせる前に確認するべきでした。 最近、ドライバもほとんどWindows Updateで更新されるので忘れてたよ。

で、サポートページでBIOSを探すと新しいものがありました。 Readmeを見ると、ちゃんと載っているじゃないですか。

■ 5.改版履歴(修正項目)

...略...

(1.20)

  • パソコンの安定性を改善しました。
  • ごく稀に、4月と10月にパソコン内蔵の時計が1時間ずれることがある問題を修正しました。

わーい。 さすがFMVサポート。 こんなくそ面倒くさい問い合わせ分かってもらえるんだろうかと思って、 こんなツイートしてたんですけど、

えらそうなこと言ってほんますいませんでした。

BIOSアップデート後、"Daylight Savings Enable"はちゃんとDisableになっているし、 上記実験をしたら、ちゃんと再起動後の時間が午前2:05になってました。

直った。

考察など

Microsoftが修正したってのは何?

何でしょうねえ… どこかにコミュニケーションミスがあったのかも。 英語サイトを色々検索したんだけど、「修正した」ってニュースは他に無さげだし。 「PCの時計が1時間ずれている」の原因 を書いた人は、 その続編(「PCの時計が1時間ずれている」の原因の解説)で Microsoftのタイムサーバーのマシンでこの現象が発生したんじゃないか、と言ってます。 うーん。 でも、そうだとすると、Windowsの時刻の同期間隔はデフォルトで一週間と聞いているので、 「影響を受けたPCの時計は、日本時間4日未明までに自動で直っているという。」(「PCの時計が1時間ずれる」グローバルで発生「修正した」とMS)なんて言えないんじゃないかな。 よくわからない。

どうして今回だけ騒ぎになった?

これも分からない。 ただ、検索してみると、過去にも時間がずれたという声はあるし、 私も、前に時間がずれて「あれー」と思いながら直したことをぼんやり思い出したし、 実は以前から結構発生してたのではなかろうか。 今回、声が目立ってニュースにも取り上げられたということかも。

あと、最近広く採用されたBIOSにそういう設定のものがあったのかも知れない。

メーカーはもっと広く知らせるべきでは

と思うんだけど、 BIOSアップデートだとするとあんまり安易に勧められないしなあ。 Windows Updateでなんとかならんのだろうか。 ボードのファームウェアとなるとWindows Updateレベルでは難しいのかな。

結局、PC側の原因で問題が発生するのはどういう場合?

  • RTCの"Daylight Savings Enable"がEnableで、
  • RTCがずれるタイミングでPCが動いておらず(停止 or スリープ)、
  • その後PCを起動した場合(電源投入 or スリープ解除)

は確実に起こるかな。 OSがRTCと同期するとずれた時刻がOSに伝わる。

PCが稼働中にRTCがずれた場合はよくわからない。 OSがRTCに書き込む機会があるかどうかに依存するでしょう。

Windowsだけの問題?

いや、違うと思う。 ボード上のRTCがずれるんだから、 ずれた後に起動すれば例えばLinuxでも時間がずれるでしょう。

ただ、Linuxとかの場合、 どういうタイミング・方法でntpサーバーと同期しているのか知らないので、 その影響はよくわからない。 Windowsより短い期間で同期しているマシンが多いような気がする。 知らんけど。

まとめ

PCの時計がずれて直っていない人は、 PCメーカーからBIOSの更新が出ていないか確認してはどうでしょうか。

ただ、 BIOSアップデートは無条件にお勧めできるものでもないので、 アップデートするかどうかは注意事項をよく読んでからお決めください。

2017年4月 4日 (火)

PCの時計が1時間進む問題が発生したので調べてみた(もう答は出た、と思ったけどなんか混迷している)

昨日(4月3日)、私のPCの時計が1時間進んでいるのに気が付きました。 どうやら、同じ目にあっている人が多数いたようです。

「PCの時計が1時間ずれている」報告多数 (ITMedia)

気持ち悪いので少し調べてみました。 なんですけれど、今日タイムライン上で以下の記事を知りました。 答はこれで決まりでしょう。 (と思ったんだけど、今ちょっとわけわからん状態になっている。「で、どうするよ」の項で後述)

「PCの時計が1時間ずれている」の原因 (Tactful Answer)

ですが、せっかく簡単な実験などしていたので、 書き残しておきます。

  • 観察
  • 実験
  • で、どうするよ

観察

4月3日夜、家の帰ってPCをスリープから復帰させてしばらくして、時計が1時間ずれていることに気づきました。 家にPCが数台ありますが、自分のノートPC1台のみ時計が進んでました。

で、イベントログの「システム」でスリープ前後を見ると、 以下のようなログが残っていました。

時刻 ログ
2017/04/03 0:32:53
システムがスリープ状態になります。

スリープの理由: アプリケーション API
2017/04/03 0:32:54
システムがスリープ状態から再開されました。
2017/04/03 20:57:35
システム時刻は ‎2017‎-‎04‎-‎02T15:32:54.726613700Z から ‎2017‎-‎04‎-‎03T11:57:35.500000000Z に変更されました。

変更の理由: システム時刻がハードウェア クロックと同期されました。

時刻はUTCで出ていますが、 日本時間に直すと、 4/03 0:32にスリープしています。 その後、スリープから復帰し、直後にハードウェアクロックと同期しています。 この際のハードウェアクロックの時刻は20:57です。 「再開しました」ログのタイムスタンプが0:32:54なのは、クロック同期前なので、スリープ時点の時刻が出てしまっているのでしょう。

記録されたスリープ時の時刻は前夜の記憶通りで正しいものです。 一方、PCを再開したのは20時前でした。 つまり、復帰時にハードウェアクロックが1時間進んでいる。

復帰時のハードウェアクロックが進んでいるので、 OSではなくPCのクロックの問題なんだろうと思って、 以下のようなツイートをしました。

実験

で、今朝(4/04)、ちょっと実験をしてみました。 出勤前に、PCに以下の操作をしました。

  1. PCをLANから切り離す(WiFiも無効にする)
  2. PCを再起動し、Windowsは起動させず、BIOS画面で時間を4/02 23:30にする
  3. 電源を切る

夜、帰宅後に電源を投入し、そのままBIOS画面を出して時間を確認しました。 すると、予想通り、朝ずらした時間から予期される時間よりも1時間進んでいました。

LANに繋がず、OSも動かしていない状態で時計が進んだので、 OSもタイムサーバーも無関係。

この結果は、 冒頭に紹介した記事(「PCの時計が1時間ずれている」の原因 )の説明と整合します。

で、どうするよ

先の記事の説明に従って自分のPCを調べたところ、 確かにPCの"Daylight Savings Enable"設定が有効になっていました。 これが有効だと、4月と10月にPCのクロックがずれます。 つまり、この先も半年ごとに時間がずれることになります。 自分はツールで設定を変更するとして、 一般ユーザーとかどうするんだろうか。 これは多分工場出荷時の設定がこうなっているんだろうから、 メーカーのサポートに連絡した方がいいんだろうか、 とか思っていたところ、 Microsoftが修正(!)したとのニュースが。

「PCの時計が1時間ずれる」グローバルで発生「修正した」とMS (ITMedia)

いったい、どうやって? Windowsから"Daylight Savings Enable"を無効化してくれるのか? まさか、強制的に時刻同期させて終わりじゃないよな? 半年後またずれるし。

疑いをもちつつWindows Updateを試みましたが、 なにも落ちてきません。 念のため、先のツールで再チェックしましたが、 "Daylight Savings Enable"は有効のままです。

謎。しばらく様子見。

あともう一つ疑問があって、 なんで今回のみ騒ぎに? そういえば、このPCにしてから時計がずれていたことが以前にもあって、 「あれー」と思いながら時計を合わせたような覚えがぼんやりとあるんだけど、 今回これほど騒ぎになったのはなんでだろう? 最近よくPCに採用されているボードがこの設定になっているとか?

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »