« 子供らのWindows 10 Mobileの話(高まるLINE圧力編) | トップページ | LINEモバイルでLINEのSMS認証をスキップする件 »

2016年9月28日 (水)

Windows 10上のコンテナでLinuxイメージもWindowsイメージも同時に扱えるようになった(追記あり)

8月4日のエントリ「Windows 10のコンテナ機能とDocker for Windowsを共存させる上での問題点」に書いたように、 Windows 10 Anniversary Update(version 1607)ではコンテナ機能が使えるようになりましたが、 Windowsイメージを動かすエンジン(Windows 10 Container)とLinuxイメージを動かすエンジン(Docker for Windows)は共存できませんでした。

が、どうやらDocker for Windowsは、 ベータ26以降、 LinuxイメージもWindowsイメージも動かすことができるようになったようです。

Run Linux and Windows Containers on Windows 10

【2017年1月21日追記】 1.13.0以降、ベータでなくとも(Stable版でも)Docker for WindowsでLinux/Windows両方のコンテナが扱えるようになりました。

ということで、Windows上の各コンテナエンジンをいったんアンインストールして、 Docker for Windowsのページからベータ版をダウンロードしてインストールしました。 すると、上記ブログのアニメーションGIFの通り、 Docker for Windowsのタスクトレイアイコンから出るメニューに「Switch to Windows Containers...」が現れ、 これを選択するとdockerコマンドがWindows向けエンジンとつながるようになりました。 やったー。

が、まあ、Windowsイメージについては、 8月4日の別エントリ「Windows 10のコンテナ機能(Docker for Windowsじゃないよ)が動かない話と気になった点」に書いた ”The process cannot access the file because it is being used by another proces”問題が再現して動きませんでしたけど。 これ、解決しないなあ。

あと、Windows 10のコンテナ機能は、 開発者向け機能という位置づけです。 念のため。 運用向けには、今週”Microsoft Ignite 2016”で発表されたWindows Server 2016上のコンテナを使えということでしょう。

Igniteと同時に発表されたDockerのブログを見ると、 Windows版コンテナはDockerが深くかかわっているようですね。 "containers on Windows Server 2016 are powered by Dock"だと書いていますし、 "Docker containers run natively on Windows"と"container"ではなく"Docker container"と言い切っています。 2014年秋に「MicrosoftとDockerが協力してWindows Serverにコンテナを実装するよ」という発表をしていましたが、 出てきたモノは思ったよりDockerそのものらしい。

ということで、 Docker for WindowsがLinuxイメージの扱いとWindowsイメージの扱いを統合してくれる、 というのは自然な流れなのかな。

« 子供らのWindows 10 Mobileの話(高まるLINE圧力編) | トップページ | LINEモバイルでLINEのSMS認証をスキップする件 »

Windows」カテゴリの記事

作業記録」カテゴリの記事

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595179/64271992

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10上のコンテナでLinuxイメージもWindowsイメージも同時に扱えるようになった(追記あり):

« 子供らのWindows 10 Mobileの話(高まるLINE圧力編) | トップページ | LINEモバイルでLINEのSMS認証をスキップする件 »