« Raspberry Pi 2上のWindows 10 for IoTが再起動しない | トップページ | MADOSMA Q501をWindows 10 Mobileにアップデートした話 »

2015年12月15日 (火)

SHA-256のハッシュを求めるWindows標準のコマンド

要約

SHA-256でファイルのハッシュを求めるには、PowerShell 4.0以降に含まれるGet-FileHashコマンドレットを使えばよい。

詳細

従来、MD5やSHA-1でファイルのハッシュを求める場合、fcivコマンドを使っていました。fcivコマンドはWindowsには含まれていませんが、Microsoftのダウンロードセンターから入手できるため、まあ「純正」と言えるでしょう。

しかし、fcivコマンドはSHA-256などの今時のハッシュアルゴリズムには対応していません。

一方、PowerShell 4.0以降には、Get-FileHashというコマンドレットが追加されており、これを使うとSHA-256を含む様々なアルゴリズムのハッシュを計算することができます。

例えば、以下のように使います。

PS C:\Work> Get-FileHash sample.zip -Algorithm SHA256

詳細は、Get-FileHashのリファレンスを参照のこと。

なお、PowerShell 4.0はWindows 8.1世代から標準で含まれています。Windows 7世代には別途インストールする必要があります。

« Raspberry Pi 2上のWindows 10 for IoTが再起動しない | トップページ | MADOSMA Q501をWindows 10 Mobileにアップデートした話 »

Windows」カテゴリの記事

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Raspberry Pi 2上のWindows 10 for IoTが再起動しない | トップページ | MADOSMA Q501をWindows 10 Mobileにアップデートした話 »